フラワーギフトの体験談

友人の開店祝いに可愛い花を贈りました

私の友人が美容師をやっていてお店を開店する事になったので、開店祝いに花を贈る事にしました。
私はお店の開店祝いに花を贈った経験はなく、どんな花を贈れば良いか全く分かりませんでした。
花屋さんに行き、友人のお店の開店祝いに花を贈りたい事を伝えると、親身に色々教えてもらう事が出来ました。開店祝いの際、どのような花を贈ればよいかや贈る花の相場なども教えてもらいました。花屋さんに色々アドバイスをもらいながら、友人に贈る花を選んで行きました。
開店祝いには、胡蝶蘭やフラワーアレンジメント、スタンド花などに人気があるそうです。胡蝶蘭は蝶のような花の形の美しさと、花保ちの良さで鉢物の花ギフトの中で一番の人気があるそうです。フラワーアレンジメントは、特殊なスポンジに水を吸わせて、そこに生のお花を挿してあるものです。一番よく使われるフラワーギフトみたいです。スタンド花は、立て札と呼ばれる札をスタンド花の上部または下部に付けて、誰からの贈り物なのか見せるようにするのが一般的のようです。
私は花屋さんのアドバイスでピンクのユリとバラのフラワーアレンジメントを贈る事にしました。また、開店祝いの際、気をつける事は花を置くスペースだと教えてもらいました。小さいお店に大きな胡蝶蘭などを贈ってもお店のスペースを取ってしまうと言われました。
また、お店の大きさや置けるスペースを考えた上でお店や店主のイメージに合ったものを選んだ方が良いと教えてもらいました。花屋さんのアドバイスで、可愛らしいお店には可愛らしいお花を贈った方が良いと思い、このフラワーアレンジメントを選びました。友人のお店は、白を基調したデザインのお店で、とても可愛らしいお店です。
開店日前日、友人に花を贈ると友人はとても喜んでくれました。私が贈ったピンクのユリやバラもお店に映え、あのフラワーアレンジメントを選んで良かったと思っています。

退職していく仲間にみんなで花束を…

私たちが勤務していた老人ホームで、長く勤めていた人が二人辞めたんですが、その時に、みんなで、退職の日に、花束と何か別の贈り物を渡そう、ということになり、お金を出し合って一つの物を買いました。
みんなで出し合うと、たくさん支払わなくても、かなりいい花束が買えるので、大きい高いきれいな花束を渡すことができました。

彼女は、ポロポロ泣いていました。
辞めたくてそこを辞めるわけではなかったから、最後に残った自分たちが頑張らなければいけないなー、と、すごく思いました。

もう1人は看護師さんだったから、その人も体の具合が悪くなってやめるということで、私たちはほんとはやめてほしくなかったから、花束はきれいな物を渡せたけど、泣いてる姿を見て悲しかったです。

花束でも、贈る側と、贈られる側では、あんまりにも感情に違いがあるのだと思いました。

かつて、私自身が、会社を去るときに、みんなから花束をもらって拍手されたことがあり、その時のことなども思い出しました…
まだ、いたい気持ちもあったけど、ほんとに次に行かなければならず、あの頃は寂しいとか言ってる暇はなかったです。
みんなもそうでしたけど…

最近は高齢化が進んで、花束をあげたりする機会も多くなっています。
何かにつけて、花束っていうものを渡しますよね?
花は女性がもらうと一番うれしいものです。
この前、テレビの街角アンケートで適当に街のおばさんたちをチョイスして、何をもらったら一番うれしいか?を尋ねたところ、ほとんどの人が、花束をもらったら、私はうれしいね…と言ったので、とてもビックリしました。

そのくらい、花束は好かれるんですよ。
私も花が大好きで、そういう風には見えないんですが、花束をもらったりすると、どうしても妹がもらったときも忘れないですね。すごいのがいつまでもテーブルに飾ってあるから…

退職祝いの花に照れた父

父は公務員として、コツコツ地道に40年を勤め上げた苦労人です。
今でこそ安定職業として人気の公務員ですが、昔は民間企業の方が断然人気、もちろん給与もかなり差があったような気がします。
ですから父も、本当は民間企業でバリバリ働きたかったはず。
しかし生来の腺病質体質のせいで、無理のきかない身体の父は、定時で終われる公務員の職を選びました。
それでも時々寝込んでいる父を覚えています。
また、戦時中のどさくさで学歴も高くなかった父は、なかなか昇進もできず、悔しい思いをしたことも数々あったと母から聞きました。
そんな父ですが、めげることなく仕事を続け、私達姉弟を大学まで行かせてくれました。
その陰にはもちろん、パートで家計を助けた母の努力もあります。
勤勉な両親のおかげで、私達子供は、贅沢こそできませんでしたが、不自由のない生活を送ることができました。
そんな私達も就職し、なんとか独り立ちできた頃、父が定年退職を迎えました。
決して丈夫ではない身体で40年間も働いてくれた父と、その父を支え私達を見守ってくれた母に感謝の気持ちを込めて、私達で両親にプレゼントを贈ったのですが、その時一緒に、豪華なバラの花束を添えました。
父は大きな花束に一瞬びっくりしたようでしたが、すぐに「はい、これはお前に。」と母に手渡してしまいました。
その時、照れたように微笑みつつ母を見ていた父、そして父から手渡された花束をとても嬉しそうに受け取った母。
おそらく昭和一ケタ生まれの父は、母に花束など贈った経験はないし、母は母で、バラの花束を買うような余裕があれば、すぐに私達のために使うような人でしたから、父から花束をもらうことなんて初めてだったと思います。
あれから25年、父は亡くなり母も施設暮らしですが、今でも母はバラの花が大好きです。